腰痛に関する豆知識

腰痛予防の為の椅子選び

姿勢を維持できる椅子を選ぶ

椅子選びとはとても重要であり、どのような椅子を利用するかで腰痛になるかならないかが変わってきます。椅子を選んでいく場合、どっしりと座れるようなものではなく、しっかりとある程度硬く、そして腰を支えてくれるような椅子が良いと言えるでしょう。柔らか過ぎる椅子や手すりが大きな椅子というのはバランスを崩してしまうことが多くなり腰痛の原因になってしまうことが多いと言えるでしょう。背もたれがついているかどうかも重要になりますが、背もたれが小さすぎる、大きすぎるのは避けておきたいところです。小さすぎると、姿勢を維持することが難しくなりがちであり、大きすぎると背もたれに頼りすぎてしまうことになるでしょう。しっかりと腹筋と背筋を利用して姿勢を維持できるような椅子にしておくことがベストであると言えるでしょう。

 

機能性を重視する

オシャレな椅子を意識していくと、機能性を損なってしまうことが多いです。そのためしっかりと機能性を重視しておき、シンプルな椅子にしておくと良いでしょう。シンプルな椅子というのは取り回しがしやすく、その分自分の姿勢に合わせて使っていくことができると言えます。また重要になるのは椅子と机の関係です。椅子が机に比べて高過ぎるような場合、姿勢悪化の原因になります。逆の場合は肩が疲れてしまうことが多くなります。この関係が良くないといくら椅子を選んでも無駄になってしまうことがあるので注意が必要になるでしょう。

 

椅子選びは時間をかけて

椅子選びをしていく場合には、じっくりと時間をかけて行なっていくのがベストであると言えます。時間をかけないとなかなか良い椅子を見つけることは難しいでしょう。